プライバシーポリシー

豊かな自然とともにゆっくりとした時間が流れる。ここ、石川県加賀橋立漁港の日々の話題と新鮮な海の幸の情報を、潜水漁師のさかなやさん「戸井鮮魚」がお届けします。


日本海、石川県の南端に位置する、加賀市橋立漁港。かつて江戸時代から明治にかけて北前船の有力拠点として栄え、歴史的資産や町並みが数多く残る、「北前魂」が今もなお息づく自然豊かな港町です。春から夏の潜水漁をはじめ、地引き網、刺し網漁。秋には底引き網漁(甘エビなど)。なんといっても、冬のズワイ蟹・香箱蟹。一年を通し豊富な魚種が水揚げされます。
橋立漁港は地形的に、漁場が港から非常に近い為、漁に出た船は十数時間で帰港することが出来ます。そのためどこよりも鮮度を落とすことなく新鮮な魚をセリにかけることが出来るのです。


石川県では、十一月六日からズワイ蟹・香箱蟹漁が解禁となります。石川県産のズワイ蟹の中でも橋立漁港に水揚げされる蟹の質が最も良いといわれます。橋立産の蟹の漁場は、美味しい蟹に最適といわれている砂泥地であるため、旨味があり、味噌も濃厚な味わいです。また、比較的生息地が深いため足が長く身も引き締まっています。また橋立漁港では水揚げ後、細かく選別を行い厳しい基準を満たした蟹のみ水揚げ港名が入った「水色の産地証明タグ」が付けられます。他産地に負けない鮮度と確かな目による選別により、皆様に品質の良い蟹をお届けすることが出来るのです。

【香箱蟹(コウバコガニ)】
香箱蟹とはたっぷりと子を持ったズワイ蟹のメスのことです。身体は小さいですが、甘みのある身、旨味のある味噌、濃厚な味わいの「内子」、プチプチとした食感の「外子」が絶品。冬の二ヶ月間限定の味覚です。※他の地域での呼び方は「セイコガニ」「コッペ」「セコ」など