カレンダー

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

2016年6月29日

シケ後の海洋調査

1606293.JPG

予想以上の大シケになった先週末でしたが、さて、海の様子は変わったでしょうか?

1606292.JPG

沖の瀬にヒラマサが廻ってきました! お待ち申しあげておりました。

1606291.jpg

浅瀬にはシーバスがどこかへ去らずに、残っててくれてありがとう!

1606295.jpg

益々元気な橋立沖です。楽しみな7月の始りです。

2016年6月26日

大シケ

1606264.JPG

朝は静かな海でしたが、次第にウネリが大きくなり、昼頃には冬のシケみたいな大荒れの一日となりました。

1606263.JPG

このシケで喜んでいるのはサーファー達です。もちろん底引き漁、潜水漁、刺し網漁などは休漁となりました。港内にまでウネリが入りこんで、とい丸は木の葉のようにバタバタしています。

1606262.JPG

天気はまるで夏のように爽やかです。

1606261.JPG

釣りも潜水も出来ない日は、バイクとランで少しだけ追い込みます。夏の珠洲トライアスロン大会まであと2ケ月、こちらもボチボチ頑張らねば!

 

 

2016年6月23日

今が旬

1606232.JPG

梅雨入りしてから好調をキープしているスズキ。

0606233.JPG

スズキの昆布〆の切身の美しさは、もはや芸術品のレベルに達してます!

16069231.jpg

大きな岩ガキはミシュランクラスの料理屋へ行くのだろうか? 

1606235.jpg

海のミルクは栄養タップリで甘くて美味しい! これ一粒を食べると疲れが吹き飛びます。

2016年6月20日

ナイトシーバス

1606203.JPG

日が暮れてからの夜遊びです。夜のシーバスの様子を調査します。

1606201.jpg

夜も元気いっぱいのシーバス、そしてオマケのクロタ゜イです。ほとんど気狂いしてます。動くモノであれば果敢にアタックしてきます!

1606212.JPG

定置網に赤イカがたくさん水揚げされています。こちらの夜遊びもたまらなくしたい。週末に女の子と飲みに行ってる場合ではありません。朝から晩まで、ずっと沖で遊びたい!

 

2016年6月17日

岩ガキ漁解禁

160617.JPG

15日より岩ガキ漁が解禁しました。美味しい夏の魚介がまた一つ増えました。

1606174.JPG

毎年のことですが梅雨になるとシーバスの活性が上がってます。

1606172.JPG

6月の雨は戸井鮮魚にとってウェルカムです。自然の恵みに感謝です!

2016年6月14日

海洋調査

1606141.jpg

シーバスのボイルが活発になってきました。今日のベイトはアジです。ズバリ、チャンスタイム到来です!

1606143.JPG

バラシ多数、ラインブレイクで大好きなルアーを紛失。帰港後、急いで釣具屋へ行かないと!

1606142.JPG

明日も潜水漁前の暁闇の頃に出撃です。

2016年6月11日

シーバス開幕間近

1606111.JPG

早朝、または夕暮れ時に実績のあるポイントで船のエンジンを止めて、じっと水面を凝視します。水面のかすかな揺れや捕食音に耳をすませ、活性の高いシーバスを探す毎日のおかげで、視力はたぶん3.0以上になった気がします。

1606112.JPG

ベイトは3㎝ほどのイワシです。

1606113.jpg

シーバスの姿を捉えると、高確率でヒットします。ただ、連発しないのが残念なところ。

1606114.JPG

シーバスのキャスティングゲームの開幕はもうすぐです。夏に旬を迎えるシーバスが恋しい。

2016年6月 8日

岩モズク解禁

1606081.JPG

6/5から岩モズクが解禁しました。昨年同様、モリモリ生えてますように!

1606082.JPG

モズクの群生地とシーバスのボイルを探すのがとても大変です。

2016年6月 5日

月刊誌ボートクラブの釣行取材

1606055.JPG

週末はボートオーナー及びその予備軍のバイブルである月刊誌ボートクラブの釣行取材でした。

1606051.JPG

ブリ、シーバス、アジ、チダイ、アコウ、アイナメ、クロソイ・・・・等々モリモリ釣っていただきました。加賀沖のボテンシャルの高さを証明できてホッとしております。

1606053.JPG

6ページにわたる記事が掲載される9月号は8/5発売です。ぜひ読んでね。

2016年6月 2日

トビウオ

1606024.JPG

今時、定置網漁で山ほど水揚げされるトビウオ。

16006023.JPG

三枚におろして、塩して、酢につけて、皮を剥げばトビウオの酢〆の出来上がり。

1606021.JPG

トビウオの酢〆を肴に焼酎のロックを飲めば、世の中の大抵のことは許せてきます。